光受容体CarHの構造解析によるビタミンB12の新規機能の解明

村木 則文
(自然科学研究機構分子科学研究所 生命錯体分子科学研究領域 特任助教)

2017年1月10日火曜日

新年のご挨拶と国際学会報告


あけましておめでとうございます(遅くなりましたが)。
本年もよろしくお願いします。
かなり久しぶりの更新となります。

私は2014年度に研究助成を賜りまして、光受容体CarHの研究を本格的に開始しました。先のブログ記事にある台湾の放射光施設で測定したデータが決め手となって、昨年、研究課題にある「光受容体CarHの構造解析」に成功しました。

昨年は各地で研究発表を行いました。逐一報告すべきでしたが、遅くなって申し訳ありません。ここでは、昨年参加した学会の中でも最大規模である、12月4日〜9日に開催された第8回アジア生物無機化学会議 8th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC8) について報告します。
「生物無機化学」は生体と金属の関わりを対象とした研究分野で、錯体化学から薬学まで広い分野を含んでいます。本会議AsBICはアジア太平洋地区において隔年で開催されており、今回はニュージーランドのオークランドで開催されました。

私はポスター発表で参加しており、3日目の夕方のセッションで発表しました。ニュージーランドでの開催ということもあり、オセアニアやアメリカからの参加者が多く、ネイティブの英語が飛び交う中での発表でした。私の研究は生命科学に近いので(研究助成も生命科学分野です)、この学会のメインフィールドとは違うかなあと思っていたのですが、多くの先生方から質問をいただき、活発な議論を交わしました。また、過去のブログの記事にもありますが、私の所属する分子科学研究所は韓国との合同セミナーなどを活発に行っており、韓国の研究者との再会もありました。

ニュージーランドは南半球なので12月は真夏です。それでも日本の夏というより初秋ぐらいで、夜は肌寒いぐらいでした。ただ、日差しは強く、海沿いを軽く散歩しただけでも日焼けしました。食事の量が多くて、体重が増えたというより、脂肪が増えた気がします。

最終日は疲れもたまり、懇親会をキャンセルしてホテルで寝ようと思っていたところにポスター賞の発表がありました。
なんと Best Poster Award をいただきました!
これはいくつかあるポスター賞の中でも、最優秀ポスター賞です。海外の学会で初めて賞をいただきました。(私自身はポスター賞にエントリーしたつもりがなかったので、聞いたときは驚きでした。エントリーの必要はなく、ポスター発表者は全員対象だったようです。)



(懇親会での写真)同じくポスター賞を受賞したJoseph君と共に。お互い日焼けとお酒で赤い顔をしている。左手に持っているのは副賞としていただいたSiegel教授が書かれた生物無機化学の教科書です。懇親会ではメッセージと共にサインをいただきました。


このような形で誉ある賞を受賞できたのも、国際科学技術財団の研究助成あってのことです。本当にありがとうございました。ビタミンB12(コバルト錯体)の光受容体としての機能は近年注目を浴びてきており、論文数も増えています。この研究をはずみにして、コバルト以外にも様々な金属が関わるセンサータンパク質の研究を展開してまいります。

また、ブログを更新します。今後ともよろしくお願いします。

分子科学研究所 助教(昨年5月に助教になりました)
村木則文

1 件のコメント:

  1. 村木先生
    お久しぶりです。NZでの学会お疲れ様でした。紫外線の量が日本の10倍ぐらいは
    ありますよね。日焼けはすごいと思います。
    それにしても、ポスター賞の受賞おめでとうございます。予想してなかった受賞は
    驚くとともに、長く記憶に残るものになるでしょうね!今後のご活躍を心から期待
    しております。おめでとうございました!

    返信削除