光受容体CarHの構造解析によるビタミンB12の新規機能の解明

村木 則文
(自然科学研究機構分子科学研究所 生命錯体分子科学研究領域 特任助教)

2015年10月1日木曜日

分子研一般公開のお知らせ

私の所属する分子科学研究所で今月一般公開があります。

10月17日 分子科学研究所一般公開

名古屋から名鉄電車で30分余、東岡崎駅徒歩5分です。
岡崎には分子科学研究所・基礎生物学研究所・生理学研究所があり、毎年順に一般公開しています。
今年は、3年に1度、分子科学研究所の研究に触れられるチャンスです!!

小学生から大人まで楽しめる幅広い内容となっています。
私もこちらの研究所に着任して初めての一般公開ですので楽しみです。

webサイト(http://www.ims.ac.jp/koukai2015/)もありますが、私なりに補足します。

施設・実験室公開
UVSORというシンクロトロン実験施設の中に入ることができます。
有機ELや半導体の精密構造の観測やアミノ酸の研究にも使われています。
私も普段立ち入ることがないので行ってみたいです。
超圧力発生装置も気になります。

体験イベント
毎回、体験型のイベントが人気らしく、その数も増えているようです。
私の研究室は毎回、DNAを抽出する実験をしており、今年もその予定です。
昨年、遠藤さんがやさしい科学技術セミナーでされた実験とほとんど同じです。
http://blog2014endou.japanprize.jp/2014/07/blog-post.html
日常で目にする材料で実験できることと危険性がないのでセミナーや一般公開に向いている実験だと思います。それと、DNAが恐ろしい物質だと思っている人もいるそうですので(遺伝子組み換え食品の影響?)、DNAを身近に感じてもらうのにも良いですね。
おそらく私は一日中、こちらのブースにおります。

展示パネル
分子研の研究は想像以上に多彩です。
研究内容を陳列しているだけではなくて、研究者自らが説明します。

特別講演会
JAXAが打ち上げた「はやぶさ2号」の試料分析に分子研が加わることが昨年決まりました。
今回、はやぶさの宇宙探査についての一般向けの講演があります。はやぶさ1号が無事に帰還したときは大きな話題になりましたが、”その後”も重要だと思います。どのように試料を分析するのか、そこから何がわかるのか、そんな話が聞けると思います。

その他イベント
岡崎のゆるキャラ(?)オカザえもんが来ます。
岡崎に来て2年経ちますが未だに会ったことがありません。
体験イベントのブースに来てくれることを期待します。


愛知県外からはアクセスしづらいところもありますが、
皆様のご来所をお待ちしております。

2015年8月27日木曜日

台湾の放射光施設に行ってきました

久しぶりの更新です。
分子科学研究所の村木です。

今年は台風が多いですね。
昨日は岡崎でも台風を感じさせるほど風が強かったです。
今月初めには、台風13号が台湾に直撃して騒ぎになりましたが、
そのとき、台湾の研究施設にいました。

これまでのブログにあるように、兵庫県のSPring-8でエックス線実験を行うことが多いのですが、この度、縁あって台湾の放射光施設NSRRCで実験する機会に恵まれました。

*放射光施設とは
電子(または陽電子)を高速で加速させて、磁場をかけることで放射光と呼ばれる電磁波を発生させる施設。日本では播磨のSPring-8, 筑波のPhoton Factory, 分子研のUVSORなどがあります。私の研究では高輝度エックス線が必要となるので普段はSPring-8を使っています。

*NSRRCとは
National Synchrotron Radiation Research Centerの略称。漢字では国家同歩輻射中心と書きます。台北の南、新竹市の科学特区(?)にあります。隣には国立清華大学・国立交通大学という名門大学が並んでいます。



8月7日
台風より先に上陸しました。この夜、台風が台湾東部に上陸しました。NSRRCの宿舎で台風の通過を待ちます。

8月8-9日
翌朝、研究所の敷地内の写真です。
オレンジ色のコンテナはどこから転がってきたのだろうか?

(右)道を塞ぐように大きな木が倒れていました。街路樹の多くが台風に弱く、研究所の外も同じような有様でした。


この日も風は強く、前日、駅で買ったビニール傘は強風にあおられて壊れました。


幸い研究施設が直接被害を受けることはなく、実験をすることができました。


受付のある建物に入ると、壁に「光」の文字がありました。
(SPring-8は「波動」という大きな書画が飾ってあります)

壁の写真を撮っていたら、受付の方が気を利かせて天井のライトを点けてくれました。
これも放射光に関係する漢字をあしらったようなのですが、なんという字だったか忘れてしまいました。この写真ではよくわかりませんね。


8月10日
この日の朝まで交代で実験を行いました。
新幹線で空港まで帰ります。日本の新幹線と同じなので日本に帰ってきたような気分になります。


まとめ

台風の影響で実験時間が短縮されたものの、良いデータが得られました。
現在、データの解析中です。まだ時間はかかりそうですが、論文になったらコチラで報告します。

2015年3月29日日曜日

SPring-8の話

今年度もいよいよ終わりですが、SPring-8の様子をレポートできていませんでした。今年度6回以上行っているのですが。
言い訳になってしまうのですが、一人で実験することが多いため写真をとる暇が無かったというのが最大の理由です(実験スケジュールは厳密です)。何枚か写真を撮っているので、それらをここで紹介します。

山陽新幹線の相生駅がSPring-8の玄関口です。

相生と言えば、ど根性大根の大ちゃんです。

牡蠣で有名です。夕食に牡蠣を食べて、明日の実験に備えます。

SPring-8の中の様子です。
ドーナツ状の建物の中なのですが、なんとなく形状がわかるでしょうか?天井の高さや照明は体育館のようです。中はパーティション等で仕切られており、それぞれが実験区画となっています(写真では左側が実験区画)。各実験区画に放射光エックス線のラインがあります。これはビームラインと呼ばれ、SPring-8には50程度あります。
1周3kmあり、自転車で周ることができます。暴走はできませんよ。パイプにケーブル、液体窒素から超高級な実験装置がゴロゴロしてますから!

最近、良い結晶が得られたのですが、3月は春休みでビームが止まっていて使えません。「春休み」と言うと休暇のイメージがありますが、ビームが止まっている間にメンテナンスや機器の導入があるので職員の方は大忙しです。本当にいつもお世話になっています。

私は利用したことはありませんが、自由電子レーザー実験施設SACLAがSPring-8の隣に建てられ、3年前から稼働しています。4月26日にはSPring-8とSACLAの一般公開がなされます。予約など不要なので、貴重な機会ですので興味のある方は是非行ってみてください!
http://www.spring8.or.jp/ja/news_publications/events/open_sp815/