光受容体CarHの構造解析によるビタミンB12の新規機能の解明

村木 則文
(自然科学研究機構分子科学研究所 生命錯体分子科学研究領域 特任助教)

2014年6月19日木曜日

夏の暑さとタンパク質研究

梅雨入りしたというのに、岡崎は晴天に恵まれていて、今日も暖かいです。人によってはちょっと蒸し暑く感じるかもしれませんが、私はこれぐらいがちょうど良いです。

では、研究材料であるタンパク質にとっては?
いうと、「熱」は大敵です。
たんぱく質を食品として食べるなら、煮ても焼いても乾燥させても良いのですが、生命科学の研究対象とする場合、熱で変性しないように気をつかいます。
卵を例にして、変性していない・機能をもった状態が生卵で、変性して機能を失った状態がゆで卵という説明をよくするのですが、鍋でぐつぐつ茹でなくても、室温でも多くのタンパク質は変性していきます。
そのため、タンパク質の研究室は冷蔵庫が多く、夏場は電気代がかさみます。

そんなタンパク質の研究者が集まる学会・蛋白質科学会が来週開催されます。
岡崎に赴任して初の学会参加となります(*)


また、学会の翌々日には、放射光施設SPring-8X線測定を予定しています。
SPring-8は電子を加速させて、磁場をかけることにより、強力な電磁波(X線)を出させる巨大な実験施設です。SPring-8は非常に厳密に設計されているので、温度変化による歪みが無いように施設内の温度はほぼ一定に保たれています。
電子を加速させるために非常に電力消費が多い施設ですが、夏場はさらに電気代がかさみます。
そのため、電力消費の多い7月半ばから9月にかけては装置を休止させています。
もちろん、その間はX線測定実験はできません。

夏の暑さはタンパク質研究には大敵です。




*今月の初めに生体分子科学討論会という小さなシンポジウムに参加・発表しています。